トヨタ クラウン エンジンが掛からない 故障診断

車検入庫ありがとうございます。

車検 大阪市 池田自動車 に 故障診断 で入庫しました。

トヨタ クラウン が エンジンが掛からない とのことで入庫しました。

 

冷却水のもれた跡です。

エンジンからのオイル漏れです。

 

いくつかの「もれ跡」がありました。

この状態では、いつオーバーヒートやエンジンがダメになってもおかしくない状態です。

しかし、まだオーバーヒートは起こしていない状態でしたので・・・

それが、”エンジンが掛からない”という原因ではありませんでした。

 

「エンジンが始動しない」という原因の多くは、バッテリー上がりですが、

今回のバッテリーは良好でした。

そして、故障診断をしていった結果・・・

「スターター」という、エンジンを始動させる部品がダメになっていました。

バッテリーがOKでも、スターターがダメだと、エンジンが始動できません。

 

これはスターターを取り外した状態です。

 

走行距離、年式が古い車、悪い状態を放置した車などは、

様々な故障が現れてしまいます。

歯医者や人間ドックをいったように、定期的な診断も車には必要です。

体調管理のように、お車の管理も怠らないようにしてください。

 

故障診断や、気になったことがちょっとしたことでもありましたら、

池田自動車に何でもお聞き下さいね(^0^)/

分かりやすく、丁寧にお答え致します。

 

それでは、素敵なドライブを。

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。