Monthly Archives: 6 月 2010

車検 トヨタ カローラアクシオ フロントパッド と スパークプラグ 交換

車検入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 車検 で入庫しました。
トヨタ カローラアクシオ の フロントパッド と スパークプラグ を 交換 をしました。
 
COROLLA Axio
交換前の様子
交換後(ローターも綺麗に磨き上げました)
スパークプラグ交換
黒い付着物は、すすやカーボンです。
洗車!出来上がり☆
トヨタ カローラ は、1966年より製造・販売している乗用車です。
もう生まれて44歳にもなるんですね。
AXIA(アクシア)とは、ギリシア語で「品質」「価値」を意味するようです。
ちなみにこれも「CVT車」ですね。
 
この車は国内にも、結構出回っていますが、
海外でも、需要としている場所が多いです。
比較的安価な車になりますが、キョリを乗っても故障しにくく、燃費が良いので、
海外には、これがウケているようです。

ご存知でした?

まいど!
池田自動車でございます。
実はですね。池田自動車のHPがもう一つあるだなんて、ご存知でしたでしょうか?
それがあるんです!
 
こちらです。
http://www.skcs.net/ken/osaka/109.html
 
「車検予約コム」という、
車検予約の「全国対応ポータルサイト」だそうです。
そこに載っております。
とても嬉しいです。ありがたいですm(__)m
 
ちなみに、ポータルサイトというのは、「入口」という意味なんですが、
整備工場を探しているお客さんが、簡単に工場を見つけてもらい、
ご相談、ご予約できるような情報サイトだそうです。
安心できるようにと、厳選した工場を掲載しているようです。
ありがたや! ありがたや~ m(__)m

高速道路無料化社会実験

まいど!大阪市 中央区 車検 の 池田自動車 です。
今日の午前0時から、地方を中心とした「高速道路無料化社会実験」が始まりました。
 
関西地方では、
■舞鶴若狭自動車道
 小浜西 ~ 吉川JCT
■京都丹波道路
 丹波 ~ 沓掛
が対象区間です。
【実施期間】 平成21年3月28日から平成23年3月31日まで
【エリア別・地図詳細】
http://www.w-nexco.co.jp/etc/discount_info/experiment/
高速道路無料化の社会実験は全車種が対象で、ETCの有無に関係なく利用できます。
(125㏄以下のバイクは利用不可)
[ 関連記事 ]
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100628dde041020020000c.html
 
なぜ、この実験をするのか。この実験で政府は何を知りたいのか。
なぞなぞですが・・・。
ちなみに、個人的にこの記事に興味を持ちましたよー。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1241954507
この社会実験で、人やモノやお金など、”流れ”を知ることになりますが、
それからどう変化するのでしょうか?
そこが大事だと思います。
僕は、そこに着目していきたいです。
納税や投票するだけではなく、
それ相応に、知識をちゃんと掴みたいと思います。
マスコミやたくさんの情報の中で、左右されたくないのです。
自分の目的を、自分でしっかり見つめるようにしていきたい。
 
『●は●を●するモノ』
この●に、それぞれ自分の言葉を入れると、目的を確認することができます。
当たり前なこと、身近なこと、何でもいいです。
僕は、自分に対して迷った時に使います。
最近、人から教えて頂いた言葉です。
 
 
話題を戻します(^^;)
僕は、あまり高速道路を使いませんが、
やはり、普段の街中を走るときよりも、キョリや速度が上がります。
もし、この「高速道路無料化社会実験」期間などで、高速をご利用される際は、
一度、池田自動車で点検させていただきますよ!
簡易的な点検などは【無料】で行っておりますので♪
また、今日といい、段々と暑くなってきましたねっ!
「エアコンが効かない」などといった、お困りなことはございませんか?
お困りの時は、是非池田自動車へ!
皆様のご来店を、お待ちしております!(^0^)/
 
それでは、今日もすてきなドライブを!

車検 トヨタ タウンエーストラック ~パッドとライニング~

車検入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 車検 で入庫しました。
トヨタ タウンエーストラック の 続きです。
 
先日のブログの続きでございます。 m(__)mペコリ
前回にも題名に、「●● ~パッドとライニング~」と書いてあることに、気付かれたと思います。
トヨタ タウンエーストラック の 交換部品、「エアークリーナー」がありましたが、
車検の時に、いつも点検しているものがあります。
それが、パッドとライニングです。
 
正式名称は、
「ブレーキパッド」 と 「ブレーキライニング」 です。
この2つは、同じ”制動装置”です。
            ↓
        車を止める部品のことです。
 
言葉であれこれ説明するよりも、モノを見た方が良いと思います。
↓↓↓  こちらです。  ↓↓↓
 
フロント(前)のブレーキパッドです
 
リヤ(後ろ)のブレーキライニングです
 
・ブレーキパッドは、【黄色】のパッドが、【青色】の方向に回転しているモノを挟んで、
 タイヤの回転を制動させています。
・ブレーキライニングは、【黄色】のライニングが、【青色】の方向に広がり、
 タイヤの回転を制動させています。
 
同じ”ブレーキ”でも、それぞれ作用が異なるのです。
 
洗車をしまして。掃除機をかけたら・・・きれいに♪
出来上がり!

車検 トヨタ タウンエーストラック エアクリーナー交換 ~パッドとライニング~

車検入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 車検 で入庫しました。
トヨタ タウンエーストラック の エアクリーナー交換 をしました。
 
交換した部品は、この「エアクリーナー」です。
 
エンジンの中に入る、吸入空気の異物を取り、
キレイにするものです。
だいぶ、汚れてました。
汚れたまま良くない状態で走ると、エンジンに異物などが混入してしまいます。
そうすると、本来持ったエンジンのパワーが出ません。
出力が下がってします。
 
なぜ、車にこんなモノがついているのかー?!
それは、もちろん。エンジンのために、
綺麗な空気とエンジンを混ぜ合わせ、「爆発」させるためにあるのです。
 
が。
 
その「吸入空気」は、車の周辺から入る空気です。
車は、雨の日も風の日も、山も草も走ります。
一番よく走るのは、”公道”です。
そうです。当たり前なのですが。
その道路には、あなたの車以外のたくさんの車が走っています。
車の前後左右。いつも車に囲まれて運転している環境なので、
空気が排気ガスでいつも汚れているのです。
人が呼吸する以上に、汚れた空気を車さんは中に取り入れている訳です。
「エアークリ-ナー」は必須な部品であり、エンジンにとっても大切な存在なのです。
 
汚れた空気を吸うより、キレイな空気をあげてください。
きっと、あなたの愛車も快適に走ってくれるでしょう。
元気に、いつまでも長生きしてくれるはずです(^^)
 
車のために・・・”家族”のために・・・☆
それでは、素敵なドライブを!!

~AT車とCVT車の違い②~

前回の続きです。
「CVT」は英語です。
Continuously Variable Transmission
 ひっきりなしに 変えていく  伝達装置
といい。 それを日本語で、「無段変速機」と呼んでます。
それが搭載されている訳ですね。
 
無段階に変速するので、1速や2速などのギヤの決められた範囲がありません。
なので、「変速ショック」が無くなる訳です。それが燃費向上と並ぶくらいCVTのメリットなのです。
そもそも、「変速ショック」というのは・・・
MT車でクラッチ操作をしている時に、速度が合ってないのにギヤをチェンジ(シフトアップ)した時、
切り替えた時に起こる振動です。
変速時に起こる振動なので、それを「変速ショック」をいいます。
イメージは、「小さな歯車から大きな歯車」へ切り替えていく感じです。
ギヤとギヤが、「ガッチャン!」と噛み合わさるような感じです。
 
AT車は、MT車と比べて小さな振動ですが、「カクンッ」とわずかに振動を起こしています。
アクセルと深く長く踏んでいると起こりますよ。
一度、AT車で試してみると感じることができるかと思います!
きっと、この振動を感じている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?!
 
さて、本題から外れましたが、
優れているのは どっちなんでしょうかね・・・??
その他にも、「CVTのメリットとデメリット」を↓↓↓の方に載せておきます。
5速以上のAT車なら変わるかも知れませんが、
同じ車に4速ATとCVTがあれば、CVTの方が動力性能・燃費共に良いでしょう。
   ↓↓↓
●CVTメリット①(効率が良い=燃費が良い)
今までは1速、2速・・と、いう範囲で燃料の噴射量も変化してましたが、
無段階になると、その速度による必要な時に必要な分だけを噴射するので、効率が良くなります。
※また基本的にCVTの場合は、トルクコンバータという部品がない車が多いため、
 効率もかなり良くなります。
●CVTメリット② (変速ショックがない)
効率&加速だけでなく、段数が無いから、
変速の入れ替えがなければ、変速時の速度変化もない訳です。
なので、乗ってる人も快適になります。
アクセルを踏むと、”むだん”で途切れることなく、ひっきりなしに加速します。
●CVTのデメリット
・アクセルの踏み加減とエンジン音と加速感がなんだか一体感がない・・・(人によります)
・AT車に比べると、エンジンブレーキのかかり方が変です・・・(人によります)
・クリープ現象にも違和感が・・・(人によります)
・・・。(笑) ほんと、人によりますが。慣れれば慣れてしまいますし、それぞれありますが。
このデメリットが気にならない人であれば、性能的に優れているのは、CVTではないでしょうか。
最近のCVTはだいぶ良くはなってますが、AT車からCVT車に乗り換えられた方は、
特に●を感じるかもしれません。
※ちなみに二輪車「スクーター」も無段変速になっています。
 
<<< まとめ >>>
CVTの良いところは、
エンジンの一番効率のいい回転数で車を走らせることができるので、燃費が良くなります。
「変速ショック」がなくなり、振動も少なくなります。
悪いところは、通常のATより値段が高くなること。重量が重くなることです。
また、人によっては走り方に違和感を感じるかもしれません。
 
それでは、素敵な週末を!!
\(^0^)/

車検 ダイハツ ハイゼットカーゴ 法定点検 ~AT車とCVT車の違い①~

ご入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 法定点検 で ハイゼットカーゴ を入庫しました。
 
真っ赤なハイゼットカーゴ
ダイハツの軽貨物車です。
カーゴは、英語でcargoといい、「貨物」という意味です。
カーゴを洗車をして、掃除機をかけて、たくさんキレイにしたら・・・
 
見事、真紅なカーゴになりました♪
 
この前の続きです!
「AT車とCVT車の違い」についてお話します。
 
■AT車とCVT車の違い■
まずAT車とは、よく耳にする「オートマ」=自動のことです。
MT車(ミッション車)は、クラッチ操作を車の速度によって、自分の意思で変速していきますね。
”手動”です。
「ロー、セカンド、サード、トップ」と、この場合、4つチェンジするので4速MTといいます。
対して、AT車やCVT車は車自身が勝手にやってくれます。”自動”になります。
AT車は、昔は2速で始まりました。
3速から4速、5速・・・そして今では、7速ATと多段化の波がどんどん進んできのです。
行く果ては、無段変速に行き着くのでしょうか・・・?
そうなんです!その無段で変速してくれるのが、『CVT』なのです!!
続きは、また次回☆

車検 三菱 キャンター クラッチとフロントウィンドーガラス交換

車検入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 車検 で入庫しました。
三菱 キャンター の クラッチO/H  と フロントウィンドーガラス交換 をしました。
 
●クラッチオーバーホール(O/H)
この車は、法人のお客様で、いろんな従業員の方が運転されているみたいです。
クラッチのつなぎ方がスムーズでないと、クラッチが滑ってしまい、
最悪走行できなくなってしまします。
という理由で、今回は交換をしました。
 
・・・そもそも、「クラッチが滑る」というのは、
エンジンからの動力を伝えられなくなるということです。
クラッチによって、エンジンの動力を伝達&遮断しています。
それをすることで、ギアをチャンジしている。そんな作用です。
では、その結果、どんな症状になるかというと・・・
・初期症状は、クラッチを繋ぐ際に、「ダダダッ」を異音が発生する → 「ジャダー」といいます
・焦げ臭い
・アクセルを踏んでも、加速しない
・坂道を登らない
・ブレーキ踏んで、クラッチ離してもエンストしない
のような様々な現象が起こります。
 
↑ クラッチレリーズベアリング、クラッチディスクが交換部品です。
回りの円盤に当たって、動力を伝達しています。
 
●フロントウィンドーガラス交換
 
 フロントガラスにひび割れがあります。(テープを貼っている箇所です)
 拡大しましょう。
 
※フロントガラスにヒビ・割れがある場合は「車検」は通りません。
フロントガラスを一式交換してしまうと、結構お高い金額になるので、
「ウィンドーガラスリペア」というものもあります。
それは、飛び石などで出来た小さな穴やヒビなら修復できます。
樹脂を入れて直す方法です。それでヒビの広がりを防ぎます。早期発見時に実用的です!
*ただ、今回の場合、ヒビが長くなってしまっていたので、一式を交換しましたm(__)m
こちらとしても、早期発見ができるように心がけたいですm(__)m

もし、飛び石で穴ができてしまったら絶対に触れないでくださいね。特に”内側”からは。
ビックリするくらい、ヒビが広がってしまいます。
早期発見・早期治療が最善の治療方法だといえるに違いありません!
次に生かしていきたいですね!

車検 日産 セレナ ~オークション~

車検入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 車検 で 日産 セレナ を入庫しました。
 
日産のセレナ
中古でセレナがほしい。と言うお客さんがいらっしゃいました。
結構人気な車種みたいなんですね。
池田自動車は、中古車の場合、「オークション」で手に入れます。
専門の会員制のオークション会場へ行って、希望する車を直接見に行きます。
実車を見て、車のキズや事故歴があるかどうか、中身などをチェックしに行きます。
そして、たくさんある同じ車種の中から数台だけ絞り、せっせと競り込みます!
お客さんの希望価格を上回ると、、、流します。 m(__)m あら~
高額にならないように・・・
できる限り、安くなるよう・・・
時期やタイミングを見計らって、頑張るのです。
人気車種は、やはり旧型の中古車だろうが、値段が沸騰します・・・。
しかし、探したらあるものです。良いものは必ず出逢います。
 
オークションでは、「買う」のも、「売る」のも、可能です。
もし、自分の車が高く売れた場合、「下取車」として、高額な値引きとなる訳です。
それで、新車を半額以上の値段で購入した方もいらっしゃいます。
 
まったく関係のない話になりますが、
僕は、ヤフオク(ヤフーオークション)でよく買い物をします。
最近は、「コミック全巻セット」を購入しました。
ついつい懐かしい漫画など、まとめて買ってしまいます。
 
・・・こんな手段に使っているのですが、どうなんでしょうかね?
「オークション」というものを、上手く活用できるようになりたいですねー。

車検 ダイハツ ハイゼットバン  

車検入庫ありがとうございます。
車検 大阪市 池田自動車 に 車検 で ダイハツ ハイゼットバン を入庫しました。
U様 まいど、ありがとうございます!
 
■前回の続き■
CVT車のお客さんで、年間平均2,000キロも走っている方がいますが・・・
その方法を使うと、フットブレーキ*1 を使う頻度がかなり減ったのか、
ブレーキパッドのすり減る量が少なくなりました。
Sレンジとアクセルワークで、ほとんどブレーキを必要としなくなります。
*1 ブレーキペダルを足(フット)で踏み込み、ブレーキすること。
変な言い方になりますが、CVTは、勝手に加速や減速をします。
それをアクセルワークで調整できるよう頑張ってみて下さい!
あまりに気を使い、トロトロ走りになると、燃費は悪化します m(__)m
車と同調したら気持ちいい! そして、誰にも可能です!!
 
 ・・・っとはいっても、
CVTとATでは根本的に乗り方が違うようですね。
CVTでそれをやると、坂道でもアクセルを離せばエンジンブレーキ。
ちょっと「ポン」とアクセルを踏めば、今度はアップシフトしていきます。
つまり、アクセルから足を離すと、CVTの特性は生かせなく、ATの常識とは別物ということです。
CVT車は、時速100キロから徐行速度まで、
実は、アクセルとSレンジのみで走れるようです。
それを聞いて、一度乗ってみたところ、急激なエンジンブレーキはありませんでしたし、
ブレーキの「ちょっと踏み」はしなくて済みました。
CVT車のお持ち方は、一度、お試しあ~れ☆
それでは、今日も素敵なドライブを!